プロポリスのサプリを比較しよう

安価なプロポリスの正体

プロポリスはよく、ブラジル産のものが良いといわれています。
商品を検索してみても、確かにブラジル産のものは質が高く効能もいいとされていますしお値段が高いものが多いですね。
どうして同じプロポリスでも、金額が違うのでしょう。

プロポリスにはグレードがあります。
最高ランクのものから高品質なもの、さらにノーマルなもの、そして普及品と呼ばれるものです。
ブラジル産のものの中でも最高ランクといわれるSUPER GREENは湿気がありその中にプロポリスの有効成分がぎっしり詰まっています。

高品質といわれるブラジル産のGREENは品質こそ最高ランクのSUPER GREENには劣りますが、
プロポリスのアレクリンという成分の含有量が豊富です。

ノーマルは広く業者に使われているもので、普及品と呼ばれるものはプロポリスの採取から最終的に残った削りかすのようなもので
最高ランクのものと比べてしまうと雲泥の差があります。
湿気がなく乾燥していて、プロポリスの有効成分がかなり少なくなっているものです。

さて・・では、破格破壊といわれている安価なプロポリスはどういうものなのか?
というと、あまりグレードのよくないプロポリスを利用して商品としているものや、
利用しているプロポリスこそ高品質なものですが、それをかなり薄くしたものなどが利用されていると考えられます。

もし高品質なものをそのまま商品として利用した場合、それほどお値段を落とすということはできないはずなんです。
プロポリス商品の製造、販売を行っている業者としてはやはり儲けを生まなくてはなりません。
高品質なものを消費者に届けたいと思えば、当然儲けをプラスした販売を行わなくてはなりませんね。
そうじゃないと商売として成り立ちません。

だからお値段が高額になってしまうということになりますが、
さらに薄めたり高品質なものの二番煎じ的なものを利用することによって安さを売りに、販売を行っている業者もいるのです。

ブラジル産以外のものでも、中国産や日本産、ヨーロッパ産などがありますが、それらがよくないということはありません。
またブラジル産のものとほかの国で採取されたプロポリスを混ぜて販売しているところもありますが、それもまた一つのプロポリスです。

ただ、あまりにも安いものは信用できない?と考えておくほうがいいのかもしれません。
限定期間を設けて安いということならまだわかりますが、
長い期間その金額で本当に高品質なプロポリスを売るということはできないと考えるのが通常でしょう。